有効な売掛金回収とは


企業やお店を経営する上で、売掛金回収の問題は必ずついてまわる問題です。売掛金とは、商品を売ってその場で代金をもらうのではなく、後日代金を支払う約束で先に商品を渡し、後で請求をして支払ってもらう代金のことを指します。その代金の支払い請求ができる権利を「債権」、債権を持つ人を「債権者」と言います。

ほとんどの企業やお店でこの「掛売り」での取引形態で売買が行われている為、売掛金回収に頭を悩まされている経営者の方も多くおられることでしょう。支払いを忘れていた、期日を間違っていた等、単純なミスであれば連絡一つで売掛金回収が行われ、特に問題はないのですが、多くの場合が支払い能力がない、または支払う意思がないといったケースであり、未収金が長引くと自社の経営にまで悪影響を及ぼす危険性がありますので、売掛金はしっかりと回収する必要があります。

有効な回収方法の段取りとしては、まず督促をしても反応がない場合、内容証明郵便を利用して督促をします。この内容証明郵便とは、いつ、誰が、誰宛に、どんな内容で送ったか、相手はいつ受け取ったかということを公的に証明する郵便になります。法的に強い執行力はありませんが、後に裁判所で手続きをする際に必要になったり、また売掛金の消滅時効を中断する効力がありますので、回収の際にはしておくべき手段となります。その後も反応がない場合は、支払督促等の手続きをすることになります。ここでは支払督促や回収のポイントについて説明します。