売掛金回収のポイント

売掛金回収のポイントについて、まずは経営者側の心構えとして、商売は売掛金(代金)を回収するまでが仕事であるという認識をすることが大切です。契約できたからと言って安堵し、後は支払いしてくれるだろう、ではなく、確実に回収するという姿勢を見せることが重要になります。その為にも、取引を始める時には、相手先の信用調査を必ず行い、取引限度額である「与信枠」を設定し、相手にも合意を得ておきましょう。各取引先一社一社に元帳を作成して、いつでもすぐに取引状況、売掛金状況について把握できるような管理体制にしておくことがポイントです。

与信枠は定期的に再設定する為に、こまめに取引先の経営状況について把握しておくことも大切です。あそこの会社は多少支払いが遅れても言ってこない、支払いが苦しいときはあそこの会社を後回しにしよう、と思われない為にも、財務管理をきちんとしているという印象を相手先に根付かせる態度で、売掛金管理は徹底して厳しく行うようにしましょう。もちろん、それでもトラブルが回避できないケースは出てしまいます。問題が起こったときには、きちんと対処できるように、売掛金回収の対策について日頃から勉強しておくことをお勧めします。